しじみ習慣と通風の関係とは

通風しじみと通風の関係性についてまとめてみたいと思います。まず通風と言うのは、経験者しかわからないほどの痛みを伴います。

通風も症状がひどいものから小さいものまで通風と言っても様々ですね。

痛風とは、尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

医学研究が進み、良い薬も開発されたため正しい治療を受ければ全く健康な生活が送れます。 しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。

痛風の方にもいろいろな体質や環境からの影響があります。そのため人によって食事の方法も人それぞれだと思います。

ただ、痛風になった方の多くは肝臓に問題があるか、負担をかけているケースが多いのは確かですね。他の病気が影響して痛風になっている方も多い事でしょう。

肝臓や内臓が正常でないと痛風などの病気になるので、お酒の飲みすぎで肝臓が負担になって痛風になっている事や、食べ過ぎて脂肪肝になっているから痛風になっている、また薬を飲んでいて副作用で痛風発作が起きてしまった・・・など通風は本当に普段の生活から発症してしまう可能性が高い病気なのです。

またストレスが多い方も肝臓に負担がかかりますよね?そのストレスが原因で通風になる事も十分考えられるのです。尿酸値が高くなる原因は、生活習慣病と言われることもあり、日常生活に潜んでいるものが多いと言えそうです。

そこで通風には「しじみエキス」が有効だと言われています。脂肪肝や肝機能の低下によって通風になる事が多いのは上記でもご説明したとおり。そこでしじみを摂取する事で、肝臓や脂肪肝の予防にもなりますので、結果として通風にも良い!という事が言えるのです。

もちろん通風がひどい状態では、しっかりと治療をする事も大切ですが日々の予防策としてしじみを摂取する事はとても効果的だと言われているのです。

 

肝臓に良い成分がたっぷり配合されているしじみ習慣ですので、お酒をよく飲まれる方、付き合いで飲みに行くのが多い方、晩酌が楽しみな方、肝機能(肝臓)が気になる方などには「しじみ習慣」を毎日2粒飲むだけで、しっかりと悩みや不安を解消してくれる食品なのです。

また美容成分もたくさん配合されていますし、健康を維持する為の成分もたくさん配合されています。本当に「カラダ」の為に作られたしじみ習慣でシジミパワーを実感してください。

しじみ習慣

2015年11月2日 しじみ習慣と通風の関係とは はコメントを受け付けていません。 通風への効果は?