しじみ習慣に含まれる「アスパラギン酸」とは?

しじみ習慣に含まれている「アスパラギン酸」は、アスパラガスに多く含まれるアミノ酸の一種になります。カラダの中のエネルギー生成を促進し、疲労を回復させたり、毒性を持つアンモニアをカラダの外へ出してしまう働きがありますね。

また、カリウム、マグネシウムなどのミネラルを細胞に運び込みます。アスパラギン酸は、中枢神経で働く興奮系の神経伝達物質でもあり、大脳皮質や小脳、脊髄に存在し、水に少し溶けにくい性質を持っています。

アスパラギン酸は、経口・経腸栄養剤やアミノ酸輸液などに用いられています。ヨーロッパではアスパラギン酸を多く含むアスパラガスの根が利尿剤として使用されることもあるようですね。

アスパルテームはフェニルアラニンとアスパラギン酸が結びついたもので、砂糖の200倍の甘みがあるにも関わらず、砂糖よりもかなりカロリーが少ないため、世界中でキャンディやチューインガム、清涼飲料水などに使用されています。 「しじみ習慣に含まれる「アスパラギン酸」とは?」の続きを読む…