しじみ習慣に含まれている「イソロイシン」とは?

しじみ習慣に含まれているイソロイシンとは、カラダの中で合成することができない必須アミノ酸の一種になります。ロイシン、バリンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)に分類されます。

筋肉を構成するたんぱく質の主成分はBCAAと呼ばれるアミノ酸で、その中のひとつのイソロイシンは、筋肉の強化や肝機能の向上効果、また血管の拡張や体の成長を促進する働きがあります。

イソロイシンは本当に幅広く活躍してくれるアミノ酸と言えますね。イソロイシンは、近年の研究結果から、血糖値の上昇を抑制し、糖尿病に効果があるということがわかり期待が高まっている成分でもあります。 「しじみ習慣に含まれている「イソロイシン」とは?」の続きを読む…