しじみ習慣に含まれる「チロシン」とは?

しじみ習慣に配合されている「チロシン」とは、非必須アミノ酸となっていて、カラダの中では必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニンから合成されます。

チロシンは、神経細胞の興奮や抑制を伝達するアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の原料となります。

また成長を促進したり、代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンや、髪の毛や皮膚の黒色色素であるメラニン色素の原料にもなっています。

チロシンは神経や脳の働きをサポートするために必要なアミノ酸で、うつ病の改善、認知症の予防に効果的だと言われているのも大きな特徴ですね。

 うつ症状を改善する
 集中力を高める
 ストレスをやわらげる
 白髪を予防する 「しじみ習慣に含まれる「チロシン」とは?」の続きを読む…