しじみ習慣に含まれる「パントテン酸」とは?

しじみ習慣に含まれている「パントテン酸」と言うのは、ビタミンB群 の1つで、ビタミンB群の中では5番目に発見されたことから、ビタミンBとも呼ばれていました。

様々な食品に含まれており、腸内細菌の働きによってカラダの中でも合成することが出来るようになっています。パントテン酸は、黄色く粘りのある液状の物質で、パントイン酸 とβ-アラニン という物質が結合して出来ています。

パントテン酸の特徴としては、水に溶けやすく、熱・酸・アルカリに弱いため、調理や加工によっては成分が失われやすいのが大きな特徴です。パントテン酸の入った食材を茹でると、含まれるパントテン酸の約半分が破壊される!とまで言われるぐらい。

カラダの中では、カフェインやアルコールを摂取する事によって、パントテン酸を消費することもわかっています。パントテン酸は多くの代謝に関わる補酵素といわれる酵素の働きを助ける物質の構成成分となり、カラダの中のエネルギーをつくり出したり、ストレスへの抵抗力をつけるためには不可欠となっています。カラダの細胞、組織、健康維持に強く関わっている成分となっていますね。

 ストレスをやわらげる
 動脈硬化を予防する
 肌と髪の健康を保つ

このような効果が期待出来るのが、しじみ習慣に入っているパントテン酸になります。ストレス社会にはピッタリの成分とも言えますね。

 

このように肝臓に良い成分がたっぷり配合されているしじみ習慣ですので、お酒をよく飲まれる方、付き合いで飲みに行くのが多い方、晩酌が楽しみな方、肝機能(肝臓)が気になる方などには「しじみ習慣」を毎日2粒飲むだけで、しっかりと悩みや不安を解消してくれるサプリメントなのです。また美容成分もたくさん配合されていますし、健康を維持する為の成分もたくさん配合されています。本当に「カラダ」の為に作られたしじみ習慣でシジミパワーを実感してください。

しじみ習慣