しじみ習慣に含まれている「フェニルアラニン」とは?

しじみ習慣に含まれている「フェニルアラニン」という成分は、必須アミノ酸のひとつで、脳と神経細胞間の信号を伝達する役割を持つ神経伝達物質となっています。

様々なたんぱく質(肉、魚、卵、乳製品)の中に含まれています。フェニルアラニンはたんぱく質の構成材料となる以外にも、肝臓で非必須アミノ酸であるチロシンに変換されて、興奮性の神経伝達物質カテコールアミン・ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン)の前駆体となります。ドーパミンとノルアドレナリンは、刺激の伝達に役立っていますので、精神を高揚させて活力を生み出す作用と、血圧を上昇させる作用があるのです。

 記憶力を高める
 鎮痛効果
 皮膚疾患への効果 「しじみ習慣に含まれている「フェニルアラニン」とは?」の続きを読む…